MENU

産後1ヶ月〜2ヶ月の私のつらかった症状

私は産後、慣れない育児や産後の体のダメージで疲れ切っていて、気分が落ち込むことがよくありました。

 

特に、産後1〜2カ月はとても辛かったです。
産後間もない時は、母乳の出があまり良くなく、息子も満足に母乳を飲めていないせいか、寝付いても、泣いてすぐ起きる、を繰り返していました。
産後辛かったことは、
・乳頭が切れる。
・胸がはって痛くなる。
・満足に眠れないので、精神的に参る。
・精神的に疲れているので、夫に当たってしまう。
・息子が寝ていても、呼吸をちゃんとしているか気になって寝付きにくい。
・理由はわからないが、眠るとき不安になる。
などです。

 

その中で一番辛かったことは、これといった原因はないのに、不安な気持ちになってしまうことでした。
不安から突然泣いてしまう事もありました。

 

どのように対処したかというと、
・区の保健師さんに話を聞いてもらう
・義理の母親、夫そして実姉に話を聞いてもらう。
・母親学級で知り合ったママ友達と会う。
・児童館に行って人との関わりを持つ。
などです。

 

私の場合は、このままでは本当に精神的に参ってしまうと思ったので、家に引きこもることのないように、積極的に自分から外に出る生活をしました。
そして産後辛い日々を送っているのは、私だけじゃないということも、周りの方々とお話することによって知ることができました。
その結果、外に出ることで気が紛れて、人に話を聞いて貰う事で、とても気持ちが落ち着きました。
私は、産後の辛い日々を周りの人達に支えて貰い乗り切ることができたので、本当に感謝しています。