MENU

産後はよりイライラが増しました。
それまでは旦那にイライラしても本人には打ち明けず、仕事を頑張ってくれているからと自分に言い聞かせ1人で抱え込んでいました。
ですが産後の自分はコントロールが利かなくなり、イラっとするとその場で言わずにはいられなくなり、旦那に向かってその内容をぶつける事が多くなりました。
毎日のようにイライラして怒鳴ってしまう自分に嫌気がさし、このままでは家族がダメになると思い悩みました。
そこで私のとった対策は、カルシウムを摂る事とワガママを言う事です。
イライラの理由は相手への期待があるからだと思い、期待するのをやめてやってほしい事ややりたい事を率直に旦那へ伝えるようにしました。また、気の持ちようでも効果はあると思い、牛乳を摂る量を増やしました。
これらの対策も効果はありましたが、最も効果的だったのは自分の母へ愚痴を吐くことでした。気を許した相手に全てをさらけ出し話し込む事で、イライラのほとんどは消えていきました。
子供が成長する過程でもイライラは尽きず悩みも増えますが、話す事は私にとって最大の発散法でした。

 

 

2児の母親です。1人目を出産した時は、ホルモンバランスの乱れが本当に酷かったです。
具体的には、4ヶ月頃までは義父母に子供を触らせるのが嫌で仕方なかったです。子供に触れようとすると、叫びたくなるくらい本当に嫌でした。そんな時は、主人に抱っこしてもらい、見せるだけで抱かせないようにしてもらっていました。
自分でもこの感情に理解が出来ず、色々と調べた所、動物の本能でガウガウ期と言うものだそうです。個人差はありますが、攻撃されるかもしれないと思い、自然と子供を守ろうとする本能が働き、相手によっては攻撃的になるそうです。
今でも抵抗がありますが、以前よりは大丈夫です。退院して暫くしてから、訳もなく泣けてきたりして、とても孤独な気持ちになった事を覚えています。そんな時は、毎月保健師さんに自宅へ来てもらい、相談して話を聞いてもらうことで、気持ちが軽くなりました。
他には、髪の毛も3ヶ月頃から抜け落ちてきて、驚きました。子供が産まれてから、とても神経質になり、毎日掃除機をかけないと気が済まなくなりました。1人目の時と比べて、2人目はガウガウ期の症状が軽かったです。